動画で見る予防歯科&口腔ケアについて|八重洲 PCP丸の内デンタルクリニック・大手町 丸の内永楽ビル歯科クリニック(歯科医院・歯医者)

予防歯科&口腔ケア

これからの歯科は、虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するのではなく、健康な状態を維持する事が重要であると考えてます。予防歯科の重要性と口腔ケアについて、お話致します。

プロによる歯の大掃除!PMTCって?

PMTCとは、専門家による機械的歯面清掃(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)の略です。 いわば予防的歯科クリーニングと言う事です。

PMTCの内容は、歯磨きでは取り除く事のできないバイオフィルムの除去。歯の着色汚れスティンの除去。歯周ポケット内の細菌の除去。むし歯予防にフッ素コーティング等です。虫歯や歯周病知らずの健康な歯を維持する為にもPMTCを活用してみて下さい。
PMTCの実際の様子は、動画をご覧ください。

どうして必要? PMTC

むし歯や歯周病を予防するうえで毎日の口腔ケアとともに必須なのが、PMTCです。でも、患者様からは「歯みがきをしっかりしているのに、なぜPMTCが必要なんですか?」という疑問をいただくことがあります。その理由をシンプルに一言で説明するなら、「細かいところの汚れを取るのは、歯みがきでは無理だから」です。

細かいところの代表的な場所は、なんと言っても歯周ポケットです。この歯周ポケットが深くなっていると・・・
詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

PMTCのイリゲーションと歯面清掃

当院で行う歯の専門的なクリーニング、いわゆるPMTCは、大きくわけて2つの項目で構成されています。 それは、歯周ポケット内のプラーク除去を行う「イリゲーション」と、歯冠部のプラーク除去を行う「歯面清掃」です。

では、「イリゲーション」と「歯面清掃」について詳しく説明します。

歯を守る!6つのメンテナンス

当院でもっとも重視していて、患者様にも働きかけを行っているのが定期的なメンテナンスの実施です。ある統計によると、50歳以降の10年間で失う歯の平均本数は5.4本と言われています。これは痛くなったときだけ歯医者に行く人の場合です。ところが、メンテナンスを続けている人の場合、同じ期間での平均本数は、わずか0.7本なのです。メンテナンスの効果と重要性がわかっていただけると思います。

医療法人社団浩昭会の6つの方法でメンテナンス方法をご紹介します。 詳しくは、動画をご覧ください。

口臭原因も退治するアミノミックスαとは?

むし歯や歯周病を引き起こす元凶は歯垢です。毎日、丁寧な歯みがきを行っていても、残念ながら歯垢を完璧に取り除くことはできません。歯ブラシでは取り除けなかった歯垢まで、キレイに除去できるのが歯科医院でのプロによる歯のクリーニングであるPMTCです。

そして、このPMTCをさらにパワーアップしたのがアミノミックスαです。 アミノミックスαとは? 詳しくは、動画をご覧ください。

危険!汚れたお口 全身に与える影響は?

お口をキレイに保ちましょうというのは、むし歯や歯周病の予防のためだけではありません。

口は呼吸でも、消化でも入り口の役割を果たしています。
そして近年では口腔内の細菌が原因で発症する肺炎が、高齢者の死因の上位にあげられるようなっています。ほかにも口腔内の細菌が直接的、もしくは間接的に関与するとされている疾患はあります。
詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

バイオフィルムをとって
ツルツルの歯を手に入れる

健康的で白い歯。誰もが憧れるものです。ツルツルの歯を実現するためのポイントがバイオフィルムの除去です。

バイオフィルムとは、歯の表面にこびりついている、歯ブラシでは簡単には除去できない細菌の集合体。このバイオフィルムは歯についたままだと、いくら丁寧に歯磨きをしても表面がツルツルにはなりません。さらに、そこにプラークなどが固まって歯石ができやすくなるのです。
ぜひ、動画をご覧ください。

一目瞭然!染めだし液の効果

どんなにしっかりと歯みがきをしていても、どこかに磨き残しが・・・  歯みがきには、ご本人も気づかないうちに磨き方の癖などがついていて、うまく磨けていない部分や磨き忘れてしまう部分がでてくるからです。でも、普段の歯みがきでは磨き残しを実感することは難しいですよね。

そんな時に便利なのが、染めだし液です。磨き残しのある部分は、赤く染め出されるので、磨き残しを簡単にチェックできます。
使い方は、こちらより

怖い「誤嚥性肺炎」とは?

日本人の死因として上位にあげられるのがガンや心筋梗塞、脳卒中といったものです。 この3つに関してはパッと答えられる、という方も多いかもしれません。

これらに次いで多いのが肺炎なんです。意外に思う方、多いんじゃないでしょうか。 肺炎は高齢の方にとっては、生命にかかわる病気で、肺炎によって亡くなった方の9割は65歳以上の高齢者なんです。 そして、高齢者の肺炎として多いのが「誤嚥性肺炎」というものです。

この誤嚥性肺炎を予防するには?  こちらをご覧ください。

フッ素は歯にどう効く!?

フッ素。歯磨き粉のCMなどでもよく聞くことがあると思います。言葉としてはよく聞くものの、その効果については、あまり知られていないかもしれません。人間は一度むし歯にんなってしまうと、自然治癒力で治す事はできません。

だから、むし歯には予防が非常に重要なのです。そして、むし歯予防に大きな効果を発揮するのがフッ素なのです。フッ素の効果と活用方法は、動画をご覧ください。

むし歯を防ぐ! 唾液の防御

最初に、皆さんにクイズを出します。下の歯と上の歯、むし歯になりにくいのはどちらの歯でしょうか?

答えは、下の歯です。なぜなら、上の歯よりも下の歯が、唾液に接している時間が長いからです。 むし歯に対する最大の防御力、それが唾液なのです。唾液のもたらす作用を4つご紹介します。

むし歯リスクを判定! 唾液検査をしてみよう

歯をむし歯から防御してくれるのが唾液です。 そして、唾液を検査することでむし歯のリスクを知ることもできるんです。 唾液検査では次のようなことがわかります。 唾液の量、唾液の緩衝能力、原因菌の数、進行させる菌の数。詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

同じ歯がむし歯になる! その原因は?

以前治療した歯が再びむし歯になってしまった、という経験ありますか?

治療したはずなのに、むし歯が再発してしまうということは、歯医者の腕が悪いのではないか?  そんな疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。 あってはならない話ですが、その確率もゼロとは言えないかもしれません。しかし実際には・・・・ 詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

食べてむし歯予防! キシリトールの効果

今やすっかりおなじみになったキシリトール。
食品添加物に用いられるようになってもう10年以上になります。 むし歯予防といえばキシリトールというくらい一般に浸透していますが、その効果のしくみを知っている人はまだ少ないのではないでしょうか? 今回は、キシリトールの効果についてご紹介します。

歯でお悩みの方へ

歯やお口の病気、歯科診療や治療に関する事、お悩みや心配事がございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。当院では、虫歯や歯周病治療は勿論、インプラントから審美歯科・美容歯科(セラミックによる審美治療やホワイトニング等)、矯正歯科、小児歯科、予防歯科(PMTC・クリーニング等)、義歯(入れ歯)までトータルに対応、やり返しの無い歯科治療を目指しております。また、当院の分かりやすい説明と丁寧な歯科診療・歯科治療は、クチコミ等でもおすすめの歯科医院・歯医者さんとたいへん評判を頂いております。

八重洲・PCP丸の内デンタルクリニック
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 GranAge 2F
TEL:03-5221-8241
東京駅 八重洲南口 徒歩1分

大手町・丸の内永楽ビル歯科クリニック
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビル iiyo B1F
TEL:03-6273-4020
大手町駅 地下直結、東京駅 丸の内北口 徒歩3分

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る