動画で見る、虫歯治療|八重洲 PCP丸の内デンタルクリニック・大手町 丸の内永楽ビル歯科クリニック(歯科医院・歯医者)

虫歯

むし歯は、主にミュータンスレンザ球菌(以後ミュータンス菌)という細菌による感染症であることが判って来ました。とても小さい虫歯(虫歯のでき始め)であるならば、簡単な虫歯処置で済む場合もあります。大切な歯を痛める前に、虫歯予防と早期発見・早期治療が大事である事は言うまでもありません。

むし歯リスクを判定! 唾液検査をしてみよう

歯をむし歯から防御してくれるのが唾液です。 そして、唾液を検査することでむし歯のリスクを知ることもできるんです。 唾液検査では次のようなことがわかります。 唾液の量、唾液の緩衝能力、原因菌の数、進行させる菌の数。詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

同じ歯がむし歯になる! その原因は?

以前治療した歯が再びむし歯になってしまった、という経験ありますか?

治療したはずなのに、むし歯が再発してしまうということは、歯医者の腕が悪いのではないか?  そんな疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。 あってはならない話ですが、その確率もゼロとは言えないかもしれません。しかし実際には・・・・ 詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

痛くない歯まで削られる?

痛みが出ていなくても軽度なむし歯になっている事があります。むし歯は一度なってしまうと、自然治癒する事はありません。だから進行して痛みが出てくる前に、削って治すという選択になります。

そこで、私たちは「小さなむし歯を、丁寧なメンテナンスで進行させない」という手法で、なるべく削らなくて済むように取り組んでいます。詳しくは、動画をご覧ください。

むし歯を防ぐ! 唾液の防御

最初に、皆さんにクイズを出します。下の歯と上の歯、むし歯になりにくいのはどちらの歯でしょうか?

答えは、下の歯です。なぜなら、上の歯よりも下の歯が、唾液に接している時間が長いからです。 むし歯に対する最大の防御力、それが唾液なのです。唾液のもたらす作用を4つご紹介します。

食べてむし歯予防! キシリトールの効果

今やすっかりおなじみになったキシリトール。
食品添加物に用いられるようになってもう10年以上になります。 むし歯予防といえばキシリトールというくらい一般に浸透していますが、その効果のしくみを知っている人はまだ少ないのではないでしょうか? 今回は、キシリトールの効果についてご紹介します。

むし歯になりやすい食習慣

さて、問題です。
どちらが虫歯になりやすいでしょうか?

A、朝、昼、夜、3度の食事だけの人。
B、3食以外にもおやつや夜食な度、間食の多い人。

これは正解する人が多いと思います。答えはBですね。その理由は、動画をご覧ください。

歯でお悩みの方へ

歯やお口の病気、歯科診療や治療に関する事、お悩みや心配事がございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。当院では、虫歯や歯周病治療は勿論、インプラントから審美歯科・美容歯科(セラミックによる審美治療やホワイトニング等)、矯正歯科、小児歯科、予防歯科(PMTC・クリーニング等)、義歯(入れ歯)までトータルに対応、やり返しの無い歯科治療を目指しております。また、当院の分かりやすい説明と丁寧な歯科診療・歯科治療は、クチコミ等でもおすすめの歯科医院・歯医者さんとたいへん評判を頂いております。

八重洲・PCP丸の内デンタルクリニック
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 GranAge 2F
TEL:03-5221-8241
東京駅 八重洲南口 徒歩1分

大手町・丸の内永楽ビル歯科クリニック
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビル iiyo B1F
TEL:03-6273-4020
大手町駅 地下直結、東京駅 丸の内北口 徒歩3分

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る